So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄の負担、国民が分担を=普天間問題で鳩山首相(時事通信)

NPOなど先遣隊派遣=相次ぐ医療支援の動き−中国青海省地震で(時事通信)

 中国青海省で起きた大規模地震で、千葉県四街道市のNPO「徳洲会医療救援隊(TMAT)」は15日、被災者への医療支援のため先遣隊3人を派遣した。
 成田空港から出発した先遣隊は、隊長の田川豊秋東天城クリニック院長(46)とコーディネーター、通訳の3人。北京から空路で西寧へ移動し、マイクロバスで現地入りする。調査終了後20日に帰国予定。
 田川隊長は「現地でどの程度被害があり、どのような医療ニーズがあるのか見極めたい。本隊も調査に行く先遣隊と同時進行で準備している」と語った。
 また、岡山市に本部を置く国際医療のNGO「AMDA」(菅波茂理事長)も15日、現地に男性調整員1人を派遣し、医療支援活動を行うことを決めた。 

【関連ニュース
〔写真特集〕中国青海省地震
阪神、ハイチと同じ横ずれ型=大陸プレート同士が衝突
邦人被害の情報なし=首相「復興支援を用意」
釧路などで震度2=M6.9の深い地震
四川地震の写真を誤配信=ハイチの放送局サイトに掲載

<ニュース1週間>井上ひさしさんが死去/ポーランド大統領搭乗機が墜落(毎日新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く−日航・全日空(時事通信)
ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
強毒性の新型インフルに備え 厚生労働省が業務継続計画(産経新聞)

裁判員裁判444件 死刑・無罪の判決なし(産経新聞)

 最高裁は16日、裁判員裁判の実施状況も公表。今年3月までに、すでに444人が判決を言い渡されたが、死刑と無罪の判決はまだ出されていない。444人のうち、裁判官だけで審理する控訴審を18人が終えた。このうち12人は裁判員裁判の結論を維持して控訴を棄却、6人は控訴を取り下げた。裁判員裁判の判決に対する控訴率は約32%だった。

 実施状況では、制度開始から3月末までに裁判員裁判の対象となった被告はのべ1662人。裁判員候補者には全国で4万1047人が選ばれ、このうち約52%が辞退を認められた。裁判員を選ぶ選任手続きへの候補者の出席率は約83%だった。

 裁判の平均開廷回数は3.5回で、判決に向け、裁判官と裁判員が話し合う「最終評議」の時間は平均約426分だった。被告が否認しているケースは、認めている事件と比べ、1時間半以上長くかかった。

 裁判官による裁判と裁判員裁判の量刑差について、最高裁は「判決が蓄積されておらず、有意な差はない」と説明。ただ、執行猶予の場合、保護観察が付けられる割合が裁判員裁判では約59%と、裁判官裁判の約37%を上回った。

 また、裁判員を務めた経験者へのアンケート結果では、経験者の約71%が審理を理解しやすかったとし、約76%が評議で十分に議論できたと答えた。参加後の感想は、約97%が「よい経験」と答えた。

【関連記事】
裁判員に“真実の声”届くか 弁護側も原点に返る必要性
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%
日弁連新会長 司法改革の定着に努力を
人命奪う決断は嫌 鳥取で裁判員制度廃止求めデモ
検察審査会 厳正で公平な運用が肝要
外国人地方参政権問題に一石

首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで(産経新聞)
タイ首相、村本さんの死「心からの弔意」=鳩山首相、早急な調査要望(時事通信)
ミクシィで高校時代の同級生を脅迫 警視庁(産経新聞)
<エレベーター>11人閉じ込められる 大江戸線・森下駅(毎日新聞)
盛岡ごみ処理場、二審も談合認定=JFEに9億円超の賠償命令−仙台高裁(時事通信)

刃物3本31歳男、路上で大捕り物 警察官を切りつけ(産経新聞)

 警察官に包丁で切りつけてけがを負わせたとして、奈良署は5日、公務執行妨害や傷害などの疑いで奈良市東九条町の無職、畑中俊人容疑者(31)を現行犯逮捕した。畑中容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は5日午前7時50分ごろ、奈良市大安寺の路上で、奈良署の男性巡査部長(27)を刃物で切りつけたなどとしている。巡査部長は頭に軽いけが。 奈良署などによると、「兄弟けんかで刺された」と110番があり、署員ら約40人が自宅近くを捜査。巡査部長らが自宅から北東に約400メートル離れた路上で刃物を所持していた畑中容疑者を発見、職務質問をしようとしたところ、切りつけてきたという。畑中容疑者は間もなく署員らに取り押さえられた。

 畑中容疑者は逮捕時、包丁や果物ナイフなど計3本を持っていたという。

【関連記事】
「小学生殺して死刑に」 殺人未遂罪で35歳男起訴
「妻先立たれ大変悲しい」 岡山、母子殺傷で夫がコメント
肺に傷、強い殺意「借金で口論」か 岡山・倉敷の母子3人死傷
台東の簡易宿泊所で切りつけ 1人死亡、2人軽傷 無職の男逮捕
竪山容疑者が供述「私を刺して自分も死ねばいいと言われ…」
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)
NOVA元社長を不起訴=特別背任容疑、管財人告発−大阪地検(時事通信)
発電用風車から健康に影響する低周波音(読売新聞)
府議会自民会派の現職執行部ら8人が橋下知事の「大阪維新の会」合流へ(産経新聞)
金子・土田両氏の資産公開(産経新聞)

<視聴率>「ウェルかめ」最低、関東で13.5%(毎日新聞)

 27日に放送終了したNHK朝の連続テレビ小説「ウェルかめ」の平均世帯視聴率は、関東地区で13.5%(関西地区10.8%)で、両地区とも史上最低だった。

 またTBS系で27日に生中継した、亀田興毅選手のボクシングWBCフライ級タイトルマッチの視聴率は、関東地区で22.1%(関西地区25.9%)だった。瞬間最高視聴率は亀田選手の敗戦が告げられた瞬間の27.6%(同31.6%)だった。

 視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ。

【関連ニュース
松下奈緒:初代8時のヒロイン「重いな」 倉科カナからバトンタッチ NHK朝の連ドラ

“幻の大豆”宇宙ステーションへ(産経新聞)
<国立大評価制度>交付金増額…トップは奈良先端大学院大(毎日新聞)
<山本病院事件>容疑者死亡で不起訴に 奈良地検(毎日新聞)
「大変、残念」長官銃撃事件時効に中井国家公安委員長(産経新聞)
規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。