So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

3人乗り自転車購入に3万円補助、埼玉で開始(読売新聞)

 幼児2人を乗せられる3人乗り自転車の購入に3万円を補助する制度が7日、埼玉県で始まった。

 100台限定で、3月末まで申請を受け付ける。申請が100台を超えた場合は抽選となる。埼玉県警などによると、都道府県レベルの補助制度は全国初という。

 3人乗り自転車は、道交法改正で昨年7月に解禁されたが、価格が5万円前後、電動アシスト機能付きだと10万円以上と高額だ。このため、普及促進を図ろうと、同県交通安全協会など7団体が実行委員会を作り、補助制度を創設した。埼玉県も啓発ポスターを作成するなど、協力している。

 実行委によると、初日の7日には早くも約90件の申し込みがあり、抽選となるのは確実。抽選は4月上旬に行われ、同月中に補助金が支給される予定だ。

 補助は、昨年7月1日から今年3月末までに、同県自転車軽自動車商協同組合に加入する県内約830店で購入された3人乗り自転車が対象。

2010年心意気
s5zso5x0のブログ
クレジットカード現金化
アフィリエイト ホームページ
競馬情報

山崎氏ら公認せず=参院選、青木氏は出馬へ−自民(時事通信)

 自民党は8日、夏の参院選比例代表への出馬を求めている山崎拓前副総裁(73)と保岡興治元法相(70)について、公認しない方針を固めた。比例候補の「70歳定年制」を守ることで、党再生に向け世代交代の必要性を訴える中堅・若手の意見に配慮した。来週にも正式に決め、山崎氏らに伝える。
 党幹部は同日、山崎氏らの公認見送りについて「ほかに選択肢はない」と明言。別の参院幹部も「参院は衆院選落選者の逃げ込み場所ではない」と語った。谷垣禎一総裁も7日の記者会見で、定年制について「例外を全く認めなかったわけではないが、極めて限定的だった」と指摘していた。
 山崎氏は公認されなければ、離党も辞さない構えだ。同氏は国民新党からの出馬などが取りざたされている。
 一方、青木幹雄前参院議員会長(75)は、島根選挙区から5選を目指して出馬する意向を固めた。18日に県連が公認申請を決める見通しで、その後に正式表明するとみられる。選挙区候補に定年制は適用されないが、青木氏の出馬には党の若返りに逆行するとの批判がある。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

ひろゆきのブログ
onsnph4tmwのブログ
現金化口コミ
アフィリエイト ホームページ
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。